2014
12.16

出逢い系サイトで成功するためのポイント

メールのタイトルがクリアして、女性に読んでもらえるようになったら、メールの内容になっていきます。

まず軽く自己紹介をして、あとは交際の目的をきちんと伝えることと、なぜその女性を選んだかというところを、しっかり伝えましょう。

誰でも良いが一番嫌いだということを、女性の特徴としてお話しました。

自分は特別でなければ嫌だというところが、本質である女性ですから、あなただからメールしたということを、しっかり分かってもらうことです。

そして、それを裏付けるように、コピペは絶対に使わないようにしましょう。

コピペは女性にとっては誰でもいいということを、伝えているようなものなのです。

この時点で、男性も自分のプロフィルを、きちんと書き込んでおくことです。

女性はメールの返信を出そうかな思ったときには、男性のプロフィルを確かめます。

その上で返信してくることが多いのです。

そのためにプロフィルに違うことが書かれていたり、適当に書かれていると、

女性は返信を躊躇することが多いので注意しましょう。

そして、メールの内容は長すぎないことです。

自分のことは必要なことのみにしましょう。

それ以上に自分の説明をすると、女性はそんなことはまだ興味ないのです。必要なことはどこの誰で、信頼できるかということが知りたいのです。

もちろん「信頼できますよ」とは言えないので、きちんとした自己紹介と、

プロフィルの書き込みが必要だということですね。

「ここがちょっと」 事前にわかると何かと便利

無料出逢い系サイトというと、同時登録が当たり前というイメージがありますが、

TO YOUはその同時登録がありません。もちろん無料で利用できます。

無料出逢い系サイトなのに、同時登録がないということはサイトに登録しても迷惑メールが増えることがないということです。

出会いにだけ集中できるところが素敵ですね。

同時登録というのは、無料出逢い系サイトに登録する時に、なぜか複数の有料の出逢い系サイトにも登録されてしまうことをいいます。

良心的な無料出逢い系サイトなら、事前にどのようなサイトに同時登録されてしまうのか

きちんと表記されていますが、そうでないサイトでは勝手に登録されてしまうようです。

有料サイトの情報は興味があれば有益ですが、そうでない場合は迷惑メール以外の

何物でもありません。そして有料出逢い系サイトに登録してしまうと、

料金が発生してしまうので興味半分でクリックすることもないようにしたほうがいいでしょう。

ちょっとした好奇心でクリックしたばかりに、あれよあれよというまに登録されて

しばらくして利用料金を請求されてはたまりませんから、

触らぬ神に祟りなしと言ったところでしょうか。

TO YOUはそういった、好奇心を刺激してくるような同時登録はありませんから、

安心してメール相手からの返信を待っていればいいと思います。迷惑メールが届かないので、

読みたいメールを見逃すということもありません。

TO YOUに限りませんが無料出逢い系サイトで残念な点といえば、

やはりその広告の多さでしょうか。同時登録がないかわりなのかわかりませんが、

サイト内の広告を締める割り合いが多いように思います。

つまり、うっかり操作を誤ってクリックしてしまいそうになります。

携帯サイトも同じように広告が多いので、読み込みに時間がかかったりして

イライラしてしまいそうです。しかし、無料ですしクリックさえしなければ実害はありません。

メールを使う時に気をつけないといけないこと

メールアドレスが個人情報に当たるということを理解している人はどれくらいなのでしょう。

今は、パソコンや携帯でインターネットに接続している人はかなりの人数だと思います。そしてその利用者は、アドレスを少なくとも一つは持っているのです。

中にはいくつものメールアドレスを所持している人もいるわけですが、その一つ一つが個人情報であって、個人情報保護法の対象になっているわけです。

そもそも個人情報保護法でメールアドレスがどう保護されているのかというと、企業がメールアドレスをある目的で取得した場合、もちろん本人の承諾の元で、その目的以外にはメールアドレスを使用してはいけないというものなのです。

ようするに、懸賞に応募したとしても、その情報を元に電話営業をしたりダイレクトメールを送るようなことはできないということです。

そればかりか顧客名簿に登録するだけでもいけないということです。

確かに余計なDMやしつこい勧誘は嫌なものです。中には犯罪まがいの行為に走ることもあったでしょう。

そういった危険から守るということなのです。

もちろん他にもいろいろと情報を悪用するような行為を失くすことが目的であるわけです。

このように細かく考えて見ると今までどれほど危険な状況下で暮らしていたのかと思うこともあるでしょうが、本当はこんな法律を施行しなくてはいけなくなった社会というものを哀しく思うべきなのでしょう。

しかし、今となっては、個人でもメールアドレスの扱いに気をつけたりする必要があるということでしょう。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.